幸運れもんあメモ

#れもんあはサザンドラに弱い

【ローテ】ガブボルトリザードンY【れもんあめスタン】

こんにちは。れもんあめです。
 
今回はシーズン12ローテレートで最終2位、東京ローテオフで優勝した構築の紹介となります。
 
構築のコンセプトは水タイプに弱くないガブボルトです。

f:id:lemonrain:20151118191303j:image
 
【構築紹介】
ダメージ計算等調整内容はこの構築を扱う上で必ず覚えておきたいものだけを掲載しています。

 

f:id:lemonrain:20151118182846g:plain

ガブリアス@拘り鉢巻

性格:陽気
特性:鮫肌
H60 A124 B68 D4 S252(191-166-124--89-106-169)
地震・ダブルチョップ・逆鱗・ストーンエッジ
 
ギルガルドを確定で落とすために鉢巻は確定。
 
バシャーモの飛び膝蹴りやメガガルーラすてみタックルに返り討ちにされないための、Aラインを下げての耐久振りです。
 
どうせ陽気だとAに振り切っても、ダブルチョップで襷キノガッサを倒せないので躊躇なくAラインを下げることができました。
 
技構成はタイプ一致技2つと最大火力技、トゲキッスファイアロー対策のストーンエッジです。
 
A調整
H167B171ギルガルド 100.6%~118.6%
・ダブルチョップ
H171B150メガボーマンダ 91.2%~108.8%
H135B101キノガッサ 84.4%~100.0%
 
HBD調整
・HB
A189バシャーモ 珠飛び膝蹴り 75.9%~90.1%
A448マリルリ アクアジェット 84.8%~100.5%
 

f:id:lemonrain:20151118182910g:plain

霊獣ボルトロス@拘りスカーフ
性格:控えめ
特性:蓄電
H4 C252 S252(155-112-90-216-100-153)
10万ボルト・めざめるパワー氷・気合玉・草結び
 
ガブリアス 霊獣ボルトロス 後述するリザードンの並びだと相手のガブリアスが重いと考え、ガブリアスに強く出るためスカーフを持たせました。
 
スカーフ込みのS実数値は凄まじく、4体目に置き、詰めの駒としても使えます。
相手の裏によく潜んでいる、ファイアローボーマンダに強いのも良いですね。
 
一応対雨の駒にもなりえます。
しかし、メガラグラージは抜けるものの、臆病オムスターには上を取られてしまうのでトノスター雨に対してはあまり選出しませんでした。
 
技構成はタイプ一致技の10万ボルト。
対氷4倍竜のめざめるパワー氷。
サザンドラガルーラ、その他鋼に対しての有効打点となる気合玉。
メガラグラージに打つ草結びです。
 
C調整
・10万ボルト
H157D127水ロトム 54.8%~65.0%
・気合玉
H181D120メガガルーラ 90.6%~107.2%
H167D111サザンドラ 105.4%~124.6%
 

f:id:lemonrain:20151118182943g:plain

性格:臆病
特性:猛火→日照り
B4 C252 S252(153-80-99-161-105-167)
大文字・ソーラービーム・身代わり・エアスラッシュ
 
従来のガブボルト1番の問題点である水の一貫性を日照りによって解決するために採用しました。
 
身代わりは相手の補助技や不意打ちなどに合わせて、決して高耐久とは言えないリザードンに行動保証を作ります。
後述するクレッフィのいちゃもんとのシナジーもあります。
 
4枠目は最初は気合玉やめざめるパワー氷で使っていたのですが、耐久振り風船剣舞バシャーモを止めることができるポケモンが構築内にいなかったのでエアスラッシュを採用することになりました。
 
技構成はメインウェポンとして大文字。
水タイプに刺さるソーラービーム
前述のとおり、バシャーモを一撃死させるためのエアスラッシュ
不意打ち透かしや、相手の補助技のスキをついて行動保証を作るための身代わりです。
 
C調整
・晴れ大文字
H181D120メガガルーラ 90.1%~106.6%
 
HBD調整
・HB調整
A182ガブリアス 鉢巻ドラゴンクロー  82.4%~96.7%
・HD調整
C183オムスター 晴れ眼鏡ハイドロポンプ 83.7%~99.3%
 

f:id:lemonrain:20151118183034g:plain 

クレッフィ@光の粘土
性格:図太い
特性:悪戯心
H252 B252 D4(164-76-157-99-108-95)
リフレクター・光の壁・いちゃもん・イカサマ
 
霊獣ボルトロスリザードンは耐久面で不安が残るので、安定した壁はりが期待できるクレッフィを採用。
 
いちゃもんはこだわりポケモンを止めることはもちろんですが、
相手:サンダー バシャーモ ニャオニクス
の盤面で、相手の安定択である10万ボルトをいちゃもんを打つことによって連打できなくして、10万ボルトを打てないターンにマリルリで太鼓を積むなどのエキセントリックな使い方も可能です。
 
技構成はその採用理由からリフレクターと光の壁。
攻撃技としてイカサマ。
最後の枠はいちゃもんです。
 
いちゃもんについては私の文章力では伝えきれない部分もあるので、参考資料としてBVを掲載します。是非みてください。
 
フレ戦 VSでぃーちょさん
[J42G-WWWW-WW34-AW92]
f:id:lemonrain:20151118172546j:image
 
 

f:id:lemonrain:20151118183112g:plain

マリルリ@オボンの実

性格:意地っ張り
特性:力持ち
H228 A252 B4 D4 S20(204-112-101--101-73)
じゃれつく・アクアジェット・滅びの歌・腹太鼓
 
サザンドラとしてフェアリー打点が欲しく、上記の4体では、雨エースなどの強力な水アタッカーに対して不安が残るのでマリルリを採用。
 
壁下のファイアローの剣舞を許さないために滝登りを採用したいと思うことはありましたが、正直抜ける技がありません。
 
この構築ではブラッキーに対して滅びの歌しか突破手段がないので滅びの歌は必須です。
 
技構成は対竜のじゃれつく。
便利な先制技としてアクアジェット
相手の悠長プレイングを咎めるための腹太鼓。
害悪や再生技持ち高耐久対策の滅びの歌です。
 
A調整
H191B105エンテイ 51.3%~60.7%
 
S調整
ミラー意識の無振り50族+3
 

f:id:lemonrain:20151118183138g:plain

ギルガルド@食べ残し
性格:控えめ
特性:バトルスイッチ
H204 C252 S52(161-49-170-112-170-84)盾フォルム時
シャドーボールラスターカノン・鉄壁・キングシールド
 
この枠は、ガルーラに安易なグロパンを打たせないためのゴースト枠かつ、フェアリーに対する打点を持っているポケモンが欲しかったので、ギルガルドを採用しました。
 
最初は残飯身代わり型で採用していましたが、それでは構築単位できゅんさんの欲張りギミックセット(【ローテ】欲張りギミックセット|きゅんきゅーんするね(*’∀’人)♥*+
)に勝てませんでした。
 
そこで鉄壁という技に目をつけました。
壁ターン重力ターンに鉄壁を積むことでガルーラを受け切ることができます。
 
対欲張りギミック以外にもクチートの不意打ちに合わせてなど、他にも有効箇所があれば積んでいきます。
 
技構成はタイプ一致技2つに、盾フォルムに戻るためのキングシールド。
対欲張りギミックの鉄壁です。
 
H調整
16n+1(食べ残しの回復量最大効率)
 
S調整
追い風下ガブリアス抜き60族抜き抜き
 
 
 
◎総合
この構築は全体的に高種族値な上にいろんな要素が入ってるので、どのような構築にも対応できるようになっています。
 
ただ壁構築や雨構築は少し厳しいです。
 
雨構築には経験を積み、立ち回りを確約させることで勝てるようになります。頑張りましょう。
 
壁構築には、壁ミラーで挑みましょう。
種族値の暴力で勝ちます。
 
マリルリアクアジェットリザードンの日照りはアンチシナジーなので、メガシンカのタイミングと晴れターンの管理には気を付けましょう。
 
 
【おまけ 対トノスターについて】
この構築はどのような構築に対しても基本的には刺さってるポケモンを4体選出することで優位に立ち回ることができると思います。
ただ、対トノスターだけは少し難しいので解説しておきます。
 
選出 

f:id:lemonrain:20151118181035p:plainf:id:lemonrain:20151118181042p:plainf:id:lemonrain:20151118181050p:plainf:id:lemonrain:20151118181108p:plain

    VS

f:id:lemonrain:20151026042402p:plainf:id:lemonrain:20151026042519p:plainf:id:lemonrain:20151026042236p:plainf:id:lemonrain:20151026042408p:plain

★1ターン目 光の壁をはります。リザードンオムスターの雨ハイドロポンプを耐えますが、ここでは動かしません。理由は後述します。

★2ターン目 リザードンを動かし、大文字orソーラービームの択ゲーをします。ここで大文字をナットレイに当てることができればほぼ勝ちですが、大文字をオムスターに受けられたときのリスクが大きいので基本的にはソーラービームを選択します。

光の壁をはる前にリザードンを動かしてはならないと言いましたが、それは光の壁がない状態でリザードンを動かすと、オムスターハイドロポンプが9割近く入ってしまい、壁下でももう誰の攻撃も耐えなくなるからです。この選出でのリザードンの役割は「天候の上書き」と「ナットレイの処理」ですから、ナットレイを処理するまではできる限り温存しておきたいです。

大文字を選択し、ナットレイを処理できれば後はリフレクターをはり、裏のマリルリで詰めて勝ちですので3ターン目以降はソーラービームを選択したものとして解説します。

★3ターン目

ソーラービームオムスターを倒した場合

ここで怖いのはボーマンダの竜の舞ですが、晴れ大文字でボーマンダは半分削れるので大文字を選択します。

このターンに相手がとるべき行動はボーマンダの竜の舞かニョロトノの雨乞いです。では、リザードンを温存したいのならガブリアスのダブルチョップで良いのではないでしょうか?答えはNoです。なぜなら、後述する通りガブリアス地震で拘りたいからです。そもそもこのターンにリザードンが死ぬ要因はボーマンダの飛行技しかありません。しかし、相手が飛行技を選択する可能性は低いのです。それは相手側からはこちらの安定択がリフレクターにみえているからです。

ソーラービームに合わせてニョロトノが雨乞いをした場合

相手の神プレイングを褒めましょう。この場合はリザードンマリルリにバックし、リフレクターからガブの地震で押していきます。

ですが、正直これをされると、勝つことがかなり難しくなります。

ソーラービームナットレイを合わせられた場合

この場合は2ターン目と同じ行動選択に戻ります。リザードンが死ぬまでに択を当てましょう。

★4ターン目

ここでは3ターン目に①の状態になったものとして解説します。

ボーマンダが竜の舞をした場合

リフレクターをはりナットレイニョロトノならガブリアス地震ボーマンダならマリルリを合わせていきます。ボーマンダに3回以上積まれないように注意しましょう。

ニョロトノが雨乞いをした場合

リザードンマリルリにバックし、滅びの歌+リフレクター+いちゃもんで詰めていきます。

★5ターン目以降

ここからは臨機応変にがんばれ♡がんばれ♡

最悪、クレッフィリザードン VS 何回か積んだボーマンダ の盤面になっても、いちゃもんでボーマンダに飛行技を連続で打てなくし、リザードンの高火力で押すといった勝ち方もできます。

【主な実績】
第1回東京ローテオフ 優勝
喫茶店杯 準優勝
第122回週末ローテ大会 優勝
シーズン12ローテレート 最終2位 1844pt
 
ここまでお読みいただきありがとうございました。
では、さようなら(",_')ノシ
 
 
 
 
 
f:id:lemonrain:20151118185830p:plain←これやめろ